まだ夢の途中

理系女子だって毎日楽しいんです

ホラー映画だと思ってたら実はめちゃくちゃときめく映画だった。

お題「最近見た映画」

 

 

6/17(土)に公開された「こどもつかい」を観てきました。

 

 

 

ホラー映画なんて一生映画館で観るわけない…

 

そう思っていた私がついに!ホラー映画を映画館で観てきました。

 

 

お友達が有岡くん好きなので一緒に観てきました。

 

 

 

予告は白目むいた子供がいっぱい出てきて、エスカレーターからゴロゴロ転がったりなかなか怖そうな感じです。

 

 

 

ホラー映画っていきなり驚かせてくる感じずっとビクビクしてるんで疲れますよね。

 

 

さて、こどもつかいはどうだったかと言うと、

 

 

 

 

 

大ちゃんバリかっこいいやん…

 

 

 

 

いや、別にファンだからってわけじゃないですよ?!

 

うーん、いやファンだからなんですかね(盲目)

 

 

オムライスを作るところ

 

殻入ったの誤魔化す感じリアルにパパ…

 

川の字で寝るところ

 

ムジャキってこの映画でも出てましたっけ?(違う)

 

 

大ちゃんが運転する車の助手席乗れた日には

きっと心臓ドキドキしすぎて汗だくになるんだろうなあ…

 

 

あ〜〜バックしてる時に是非とも!是非とも横顔拝見したい…

 

じーっと見過ぎて

「何見てんだよ(照)」

とか言われたい。

「あ、もしかして見惚れてた?」

ってふざけて言ってくれたらもう100点…

『うん、かっこよくて見惚れてた。』って返事したら耳真っ赤になるくらい照れるのかな〜〜

は〜〜幸せ(大の字)

 

 

 

お腹の赤ちゃんについて麦ちゃんに話すところ

 

頼りなくなんかないです!!!!いや、もう頼らせていただきます!!!怒鳴れたんですね!!!!はあ!!!!漢!!!!!!!!(?) 

 

 

最後のところ

 

 

お手手に指輪が!!!!

 

 

へっ!!!!パパ…

え…あなた…?なんて呼ぼう…

 

 

 

 

ときめきが多すぎて…

 

 

映画観ながら新婚気分味わえるって最高じゃないですか??(錯乱)

 

 

 

 

お腹に子供いたらさすりながら話しかけるんだろうな…動いたらめちゃくちゃ喜びそう…

 

 

永遠に妄想できます。

映画のホラー部分記憶全くないです。

 

 

 

 

 

 

ホラーは怖くて観るの渋ってるかた

是非とも、有岡担なら観てください。

 

いや、担当じゃなくても観た方がいいです。

ときめきが補充されますよ。

 

 

 

 

 

そろそろ映画館の会員になろうか悩んでいるところです…

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます(^o^)

 

 

 

『ピーチガール』感想 ネタバレを含みます

レポートを書き終わった開放感をどこかにぶつけたくて、モソモソと…

 

勉強とかレポート書いてるときは食生活がゴミみたいになりますね!!!

今日のお昼ごはんはほしいも!以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、本題へ=(^.^)=

 

 

 

5/20に公開された映画『ピーチガール

 

自担ということもあり、友達の誘いを受けながら3回見に行きました。

同じ映画見に行くのなんて初めて…

 

 

 

1回目は公開初日の朝イチの上映の回に入りました。

舞台挨拶のビューイングも初めてでもうずっとソワソワ…

 

 

 

見終えた感想は

 

 

 

 

 

とりあえずめちゃめちゃ可愛い!!!(語彙力)

 

 

 

 

 

 

一番可愛いと思ったのは岡安タクシーのシーン

 

「ありがとうございます♪」

のセリフを言っている時の手が!!!

ちょっとクセがあって可愛いんです…

首をコテンッ ってするところ、ずるい〜〜!

可愛いの分かってる!あざとい!可愛い!

 

コンサートのときには見せない可愛さが爆発してて

これは本当に自担なのか?!?とn回思いました。

 

かわいいといえば、デートシーン!!!!

 

あ~~~~~美月ちゃんそこ変わって~~~!!!

 

って映画館じゃなかったら叫んでるくらいの衝撃です。

もーーー、かわいい。

自撮りをしてるんですけどね、お口が可愛くて可愛くて!!

その画像私も待ち受けにしたいー!!って思うくらいのビジュアルの良さです。

 

残念なことに服装は微妙なんですけど、なんとなく着こなせちゃう

スタイルの良さですよね…(甘い)

 

CD屋さんで音楽を聴いているシーンがあるんですけど、

なんとまぁ、楽しそうな2人が…

見ているこっちまで幸せになります。

 

惚気とかめちゃめちゃ聞きたいタイプなんで、カイリ君の惚気待ってます。

 

 

 

 

 

泣きのシーンも苦労したとか雑誌に書いてあったりしたけど

ちゃんと泣けてて、あ~よかった( ;∀;)なんて勝手に親心気分で見てました。

 

 

 

想いをぶつける演技って難しいのに、こなしちゃうんだなぁ

 

 

 

 

 

全体的には主演のお二人素敵だけど、芽郁ちゃんの演技にホレボレ!

含み笑いとか全力で悪い顔してた…すごい…

声をコロコロ変えちゃう感じがとても印象的で2回目くらいからは

芽郁ちゃん追っかけてました。ゴメンね-☆

 

 

 

 

個人的に好きだった、共感したのはカイリがパテシェになる夢を

持っていて、まっすぐ努力しているところでした。

 

 

 

パテシェになりたい理由が、「お父さんが美味しそうに食べてて、

唯一自分を褒めてくれたから」

 

カイリ君だからどうこうじゃなくて、自分にすごい刺さった( ;∀;)

 

食べ物の力ってやっぱりすごいなって思ったし(そこ)

人を笑顔にできる仕事って最高だと再度認識しました…。

とりあえず夢探しから始めます。

 

 

 

 

ピーチガールという映画は原作が少女漫画で、興味のない人からしたら

ジャニーズが出てる、かわいいモデルさんが出てる、キュンキュンする映画

という枠組みになると思うのですが、想像以上に心温まるお話です。

 

 

昔の漫画だからですかね~~?

展開的にははちゃめちゃです(笑)

でも、それ以上に伝えてくれるものがあると思います。

 

 

1回目は初主演ということ感極まって泣きました。

ええ、20歳超えてから涙腺がゆるめです。

もともと泣き虫なので常に全開で開いております。

 

 

高校生ならではの心の揺れとか、葛藤とか、すごい染みました。

 

 

あぁ、もう一回高校生したい…

 

 

 

そんなタラレバはほっといて、まだ見に行ってないよという方

ぜひとも劇場へ足を運んでみてください。

 

 

あ、もう一つかわいいのは、前髪がちょっと短めでぱっつんなとき

バブみが120%越えなので注意してください。

 

 

 

美しいバラにも棘がある

 

 

さっきブログ書いたばっかやのにまだ書くのか!!と思った方、まだ書くのです。

と言うか、先ほどのブログは私のバックグラウンドを紹介しただけであり、本当に書きたかったのはこっちの記事です。

 

 

 

先ほどのブログを読んで分かる通り、私は自担を好きになってから2年弱というド新規であるということ。

 

 

 

持論ですが、ジャニヲタというのは下の3つの条件に当てはまればずっと続くのではないかと思います。

 

 

 

1.自由に使うことのできるお金があること

2.自分のことの他に割くことのできる時間があること

3.ブレないメンタルをもっていること

 

 

 

⑴について、大学生と言えば学校にサークルにバイト!!!

大抵の人はバイト代は自分の使いたいように使うことができ、私の場合バイト代は自分の趣味にまわしています。

 

 

 

そう…ヲタク活動の資金です。

 

 

 

ジャニーズのコンサートというのはバンドとは違って500人キャパでツアーなんてありえない!!!基本的にはアリーナツアーです。しかもツアーといっても全国各地をまわるわけではなく基本的に主要都市が多めです。

 

となると、自分が今住んでいる地域から離れた場所に会いに行くのが基本的なスタンス。

 

 

中学、高校では近くの公演じゃないと行きたいと言いづらかったけど、大学生になった私には、そんな制限が全く無かったのです。

 

 

去年の夏、コンサートのために横浜へ行きました。

 

感想は言うまでもなく 最&高。

 

 

 

遠征する価値のあるコンサート、そして大学生という自由さ故に遠征する事が出来る。

ヲタク生活最高に楽しい…

 

 

 

 

⑵について、私が沼に落ちた大学生一年生の夏は本当に、暇でした。

 

人見知りな私は毎日ウェイウェイするわけでもなく、淡々と日々を過ごしていました。特に勉強が難しくてついていけないわけでもなく、バイトをしていなかったのでどこかに旅行に行くわけでもなく、家でゴロゴロするのが日課でした。

 

 

 

何もする事がない…

 

 

特に何かしたい事があるわけでもない…

 

 

 

 

 

手持ち無沙汰で、何かに夢中になりたかったのだと思います。

 

 

 

そこで彼に出会ってしまった。

 

 

起きている間はずっと動画を見て、ずーーーっと動画を見ていました。

 

 

暇だったから動画を見ることしか時間を使う事が出来なかったのです。

 

 

そしてだんだん募る彼への

可愛い!素敵!テキトー!好き!!

 

自分のために使う時間を彼にたくさん使う事が一番の時間の有効活用でした。

 

 

知らなかった8年分の彼が一気に私の頭の中に入ってくるのです。彼でいっぱいになる私。

 

 

 

し〜〜あ〜〜わ〜〜せ〜〜(大の字)

 

 

という感じの毎日を過ごしていたわけです。

そりゃ、ヲタクに拍車がかかるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、いつからでしょうか

今年の4月くらいでしょうか。

 

 

 

学年が上がり、私も早いもので3年生になりました。

 

実験に時間を奪われ、レポートに追われ、ゆるかったはずの部活もいつの間にか公式戦で優勝するほどの部活に。

 

 

だんだん時間が減っていく…

 

 

 

「あの番組出るよね、みなきゃ。あ、でもまだ課題終わってないんだった。録画しておこう」

 

 

 

 

 

が続く。

 

 

 

 

 

 

録画って意外に見ないんだな〜〜って気づきました。

 

 

 

 

 

 

前はワクワクしながら待ってた木曜日も、気づいたらただの平日になっていました。

 

土曜日のラジオなら…!

なんて思っても、次の日試合があるから今日中にレポート書いておかなきゃ…

 

 

 

 

 

 

気づいたらもう5月が終わる。

 

 

 

 

あれ、2ヶ月間彼のこと好きって思う時間あったかな…?なんて思い返してみたり

 

 

ピーチガールも見た。すっごい楽しみにしてた。けど、なんか違う。

 

 

 

私の彼への好きってこんなんだったっけ…?

 

 

 

時間が減っていくたび、なんだかひんやりしていく私の心。

 

 

 

 

 

 

冷めたとは言いませんが、なんだかおかしい気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

好き…好き……好き………

 

 

 

 

 

って言い聞かせてるのかもしれない。

 

 

 

 

 

今は自分の将来が心配で時間が足りない。

 

 

 

 

 

 

ずっと好きでいなきゃいけないなんて、決まりはないのになんかモヤモヤしてます。

 

 

 

モヤモヤ…

 

 

 

そんなモヤモヤが増えた⑶についてのお話です。

 

 

 

Twitterでは面白おかしい素敵なツイートをする方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

多くの人がそういったツイートで幸せをもらっていると思います。もちろん私もそのうちの1人です。

 

 

Twitterの機能で関連のあるアカウントが表示されますよね。

 

 

いつの間にかだんだん違う人のアカウントにたどり着いたりして、そういうTwitterの楽しみ方もありますよね。

 

 

 

 

何気なくいつも通りTwitterを見ていると、

 

 

 

見てしまった。

 

 

 

 

もっともっと知りたい!

なんてちっぽけな感情が裏目に出てしまいました。

 

 

 

アカウント名は覚えてないけど、ツイート内容ははっきりと覚えているんです。

 

 

見なきゃよかったな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンの方による本気の批判。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

批判と言うより、自担以外の悪口といったら良いでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

感情というのは人それぞれで、どのように感じるかはもちろん様々だと思います。

 

 

そりゃ、不満もたくさんあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも、ネットで発言して良い事と悪いこともあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ずっとバンドを追っかけをしていて、今もフェスやライブも行きますし、音楽は大好きです。

もちろんバンドにもたくさんのファンの方がいます。

比較するのはおかしいと思いますが、バンドのファンの方で人格を否定するような人には出会った事がありません。

もちろん曲の感想など、好みもあると思うので意見が食い違うことも多々あります。

しかし、バンドメンバーを大きく批判するツイートなどは滅多に見られないのです。

 

 

そんな優しい環境で過ごしてきたからでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ジャニーズという場所の居心地の悪さをちょっとだけ感じてしまったのです。

何よりもショックでした。

 

好きな人が非難されている事は、自分がその言葉を言われているくらい悲しい事でした。

 

 

そこから、私の中で、ジャニヲタを名乗っていて良いのだろうかと考え出すようになったのです。

 

 

ブレブレのメンタルでごめんなさい。

 

 

 

 

きっとそんなツイートを見ても、「私の自担最高だし!めっちゃイケてるのに気づかないなんてもったいない!」くらい正直に生きれたら良かったんだろうなあと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

好きだけど、ちょっと疲れちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10周年という記念すべき年をどうか幸せな1年にしたいと思います。

 

 

 

 

ヲタクは思っていたよりも大変ですね。

 

 

 

 

 

出会いはふとした瞬間

今週のお題「私の沼」

 

はてなブログ初めて書きます。

偶然にも今週のお題が「私の沼」???

 

 

 

 

 

タイミングが良すぎる…

 

 

 

 

私が『ジャニーズ』と言う沼にハマったと公言したのは2年前の夏の事です。

 

 

 

 

 

昔のことを話すと、小学校高学年のころもジャニーズにハマっていました。『探偵学園Q』というドラマに出演していたYくん。原作の漫画が好きだったのもあり、相乗効果でどんどん好きになっていきました。

 

その時は好きな芸能人を言うのは好きな男の子を教えるくらい、私の中では壁が高くて、周りの人には言うことが出来ず、こっそり応援していました。

 

 

何年か月日が経ち、高校に上がる頃には私の頭で「ジャニーズ」への興味は薄れていました。

 

 

 

ジャニーズってカッコいいけどカッコいいだけじゃん…って思っていた高校生の私。

 

 

 

 

 

今の自分に謝れ!!!!!!!!

 

 

 

と声を大にして言いたいくらいハマってしまったんです。

 

 

 

 

 

そう、あの革命児に…

 

 

 

 

大学一年生の夏休み、バイトもせず、部活はあったけど週2回ほどのゆるい部活で、はっきり言って 暇 でした。

 

そう、時間がたっぷりあったんです。

 

 

たまたまテレビのチャンネルを変えると24時間が放送されていました。特にお目当もなくとりあえず見ていました。

 

 

「わ〜〜Yくん久しぶりに見た〜〜。」

「えっ!!Cくん?!めっちゃ成長してる〜!」

と久しぶりに小学校の同級生にあったような気持ちで見ていたのです。

 

 

その時はCくんのアイドル感に心打たれ、そのグループを気にかけるようになりました。

 

 

24時間テレビの放送終了後、SNSYouTubeを使って映像を見たり、画像を見たり、

そのグループの「ジャニーズ!アイドル!」という感じに惹かれていました。

 

 

誰かがあげた映像の中に、一緒にパーソナリティをしていた某グループの先輩とのトーク企画を見つけました。

 

 

 

そこで見つけてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「かわいい…」

 

 

 

 

 

 

心の底から思いました。

昔Yくんが好きだったこともありデビューしてから4年くらいは追っかけていたので、メンバーも知っていました。

 

 

 

 

いや、知っていたはずでした。

 

 

 

 

唯一知らなかったのです、彼のこと。

 

 

 

 

なんて可愛いんだ!!!!!!!!!!

 

 

 

キュルキュルの瞳に、ぷっくりとした涙袋

マッシュルームヘアーという珍しい髪型。

ポテッとした唇に…

 

 

 

 

 

昔から一目惚れは信じていたけど、まさか自分が対象になるなんて思いもしてなかった。

 

 

 

そこから始まった私のヲタク生活。

 

 

 

もともと好きなものはとことん好きになるというヲタク気質で、お金も時間も惜しみなく使う生活のため、ヲタクにはもってこいでした。

 

 

 

 

 

春から始まった、めざましテレビメレンゲの気持ち、ドラマ そして誰もいなくなった

ジャニーズはこんなにもテレビで見る機会が多いのか!!!!!!

 

 

 

カルチャーショックでした。

 

 

高校ころからバンドの追っかけをしていたため、バンドと言うのは新曲がでない限りテレビで見ることもなく、メディア露出は0に近いので頻繁にテレビで見ることが出来るということに驚きが隠せませんでした。

 

 

 

 

 

毎週木曜日にはあの可愛い、可愛い姿を

生放送で!!!!!!!生放送で!!!!!

見ることが出来るなんて、

 

 

 

 

 

「女に生まれて良かった!!」

 

 

 

 

 

 

とつい言ってしまいたくなるほど幸せでした。

 

 

 

木曜日の朝はちょっと早起きして、土曜日の夜はラジオに間に合うようにご飯食べたり、お風呂はいったり、ヲタク生活が楽しくて、楽しくて。

 

 

 

雑誌で見る顔は、テレビで見る顔とは違って、カッコよくて綺麗で、やっぱりジャニーズなんだなあ、なんて思ったりして、ずぶずぶとハマってしまった、この沼に。

 

 

 

 

顔が可愛いだけと思いきや、実は頭が良くて、なんて言うか言葉の言い回しがとっても上手で、自分には無い魅力をたくさん持っている彼をどんどん好きになりました。

 

 

 

ひょろっこくて、ぶつかると折れちゃいそうに細いのに実は大食いだったり、知れば知るほど好きになって、こういう感覚が久しぶりで、きっと恋をしていたんだと思います。

 

 

 

毎日毎日何かしらの動画を見たり、昔のコンサートDVDを見たり、バラエティでの姿もいっぱい見ることができて幸せで、幸せで、頭の中がお花畑に近かったと思います。

 

 

 

 

 

締めの言葉が思いつかないのですが、とりあえず彼は私の中で最大の底なし沼なのです。